異文化交流クイズ、サードシーズン「異文化間に芽生えた愛情とすれ違い」。後半になって少々テーマから逸脱してきましたが、第9回の今回は幕末維新期にやってきた外国人達の目に映った日本の「ムスメさん」についてからの出題です。

『日本女性は男たちの醜さから程遠い。新鮮で色白、紅みを帯びた肌、豊かで黒い髪、愁いを含んだ黒い瞳と活き活きした顔は美人のそれである。』

『娘さん達の歯は世界中で一番美しいし、目は優しく、眉は黒く弓型になっている。綺麗な卵型の顔にすらっとした背丈、しとやかな体型、素朴で時には著しく上品な物腰が混じり合っている。この娘さん達が深々とお辞儀をし、優しい笑みを浮かべて近付いてくるのは見ものである。追い越していく時「まっぴらごめんなさい」と云うのは聞くに値する。

『日本女性の肌の色は、西洋での噂とは異なり、少なくとも若いうちは黄色ではない。特に北の方ではピンクの肌や白い肌の少女に出会うことは稀ではなく、その愛らしさは小粋なパリ娘も舌を巻くに違いない。民族衣装の襟から覗く胸から上の部分は殆ど例外なく完璧で、うなじの線、肩の丸み、胸元のどこをとっても、なんともいえず官能的である。

このような記録を残した筆者の国籍も、見聞した地域もバラバラにもかかわらず、彼らの日本の「ムスメさん」への礼賛は、とどまるところを知りません。

もっとも実は個々人の顔立ちを褒めているのは少ないのです。

「頬骨が出ている」「大きな瞳も少々切れ長過ぎ」「唇が厚ぼったく繊細さに欠ける」等々、指摘するところはちゃんと指摘していたりします。

ですが諸種の記録を総合すると、当時の一般的な庶民の少女達というのは、概して(外国人たちにも)人懐っこくて、よく笑い、愛嬌もあって、それでいて控え目で親切な物腰で……と、容姿以外の部分も彼らに強い印象を残したようで。

と云ったわけで、遂にはフランス人たちに『日本と云えばエル・ドラドじゃないか。常春と、不思議な花と、拒む術を知らない女たちの楽園だぞ』という日本女性観を植え付ける程でしたw。

もっとも、殆ど例外なく同じ記録の中で「日本の女性達は三十歳前後になると容姿は急速にたるんでしまう」とガッカリするように記録しています。

更に一様に非難の的になったのは、お歯黒と白粉のべた塗りでした。お白粉は兎も角、お歯黒は確かに現代の我々が当時の既婚女性を見れば、まず間違いなくギョっとする羽目になるでしょう。比較的忠実な時代劇でさえ、現在では殆どこの風習について再現されませんから。

このお歯黒の風習について、欧米人観察者の多くに受け入れられた見解は『女たちは男に身を捧げた印として、自分の魅力をわざと台無しにするのだ』というものでした。

彼らにしてみれば当然の帰結のようですが、流石にこれは穿ちすぎ、だと思われます。 

我が国の記録を見る限り「白粉で真っ白な肌、紅を塗りたくった唇、そしてその唇の狭間から見える真っ黒な歯のコントラストが美しい」と少なくとも一時期は捉えられていたことは確かなようで。

もっとも結局明治以降は普通に寂れた慣習ですので、どのくらいの時代まで我々のご先祖様達にそのような美的感覚があったのは、定かではありませんが。

さてここで今回のクエスチョン。

勿論地域差もあるでしょうが、日本の娘達が結婚するまでは自由気ままを満喫しているのは各種の記録に記されているところで、彼女たちの『優雅なる暇つぶし』として『お喋りをし、お茶を飲み、化粧をし、祭りを楽しむ』等々、具体例が挙げられていますが、外国人達が日本の娘の『優雅なる暇つぶし』として驚いたものがあります。

現在でも普通にある慣習、というか「日常の嗜好」ですが、外国人達が驚いた、日本の若い娘達が楽しむこの「日常の嗜好」とは一体なんでしょうか? 

この出題だと正解が複数ありえますので、ヒントとしては「現在でもあまり良い嗜好とは認識されていないもの」という前提条件でお答え下さい。