000Suzutsuki
001

[解説]

涼月(すずつき)は艦隊防空のために設計された秋月型駆逐艦の3番艦。三菱長崎造船所にて昭和16年3月15日起工、昭和17年3月4日進水、同年12月29日竣工。武蔵を建造した長崎造船所第二船台を二つに分割し、一方で姉妹艦照月、もう一方で涼月が建造された。但し涼月より4か月ほど早く誕生した姉は涼月竣工の2週間ほど前にソロモン方面で沈められ共に戦う機会は遂になかった。

一方すぐ下の妹で、この後共に行動する事になる 初月(舞鶴海軍工廠建造)とは竣工日が昭和17年12月29日と一緒で、双子のような関係。

昭和19年、ウェーク島へ向かう特設巡洋艦赤城丸を護衛中、高知県沖合で米潜水艦の魚雷攻撃を受け大破。艦前部と艦尾を喪失したが初月などに曳航され、辛うじて呉に戻った。呉海軍工廠で半年以上修理を行った後の同年10月16日、姉妹艦若月(未実装)と共に輸送作戦従事中、九州沖合で米潜水艦に襲撃され艦首部に被雷、再び修理を受けることに。

昭和20年4月上旬の大和を中心とした沖縄突入作戦に参加。坊ノ岬沖海戦で被弾し大破するも、後進状態で辛うじて佐世保に帰投。

涼月は応急修理状態のまま防空砲台となり、その状態で終戦の日を迎える。

涼月と姉妹艦冬月(未実装)、駆逐艦柳(未実装)は共に北九州港の防波堤として使用されることになり、姿こそ完全に見えなくなっているが現在もコンクリートの下で共に眠っている。「艦これ」内で「お冬さん、お冬さん」とたびたび妹艦の名前を呼び続けているのは、このエピソードの為だと思われるが・・・何年もこの状態で放置している運営はいい加減に冬月を実装して欲しい。

また時報を聞けば分かるとおり涼月は鎮守府の菜園でカボチャやイモを育てているが、これは涼月が浮き砲台として繋留されていた際、乗員たちが農耕隊を組織して畑を作り、自給自足態勢をとっていたことに由来すると思われる。

なお今回のサブタイ元ネタはF提督が潜水艦ラブwな大戦艦を演じているアレである。

002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030


アニメランキング

【過去ログ 艦種別】(毎週日曜更新)

【戦艦】

【空母】

【軽空母】

【水上機母艦】

【潜水母艦】

【重巡洋艦】

【軽巡洋艦】

【練習巡洋艦】

【補給艦】

【駆逐艦】【神風型】

【駆逐艦】【睦月型】

【駆逐艦】【吹雪型】

【駆逐艦】【綾波型】

【駆逐艦】【暁型】

【駆逐艦】【初春型】

【駆逐艦】【白露型】

【駆逐艦】【改白露型】

【駆逐艦】【朝潮型】

【駆逐艦】【陽炎型】

【駆逐艦】【夕雲型】

【秋月型】

【海外艦】

【その他】