000Maikaze
001

[解説]

舞風(まいかぜ)は陽炎型駆逐艦18番艦。藤永田造船所にて昭和15年4月22日起工、昭和16年3月15日進水、同年7月15日に竣工。陽炎型の姉妹艦である野分、嵐、萩風と共に第四駆逐隊を編成。

太平洋戦争開戦時は旗艦那珂の第4水雷戦隊の指揮下、カムラン湾方面で南方作戦を支援。その後、第4駆逐隊第1小隊(嵐、野分)はジャワ島南方に進出して掃討作戦を実施。第4駆逐隊第2小隊(萩風、舞風)は南雲機動部隊警戒隊としてセイロン島沖海戦に参加。ミッドウェー海戦では第四駆逐隊は主力空母部隊の直衛警戒艦として参加。赤城被弾炎上後、第四駆逐隊の4隻の酸素魚雷で赤城を自沈処分。

その後はガダルカナル島への輸送作戦、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦に参加。

磯風、浜風と共にラバウルに輸送する貨物船を護衛中、当時の米最大の潜水艦アルゴノートに発見されるも、船団上空を哨戒していたラバウルの第582海軍航空隊機が対潜攻撃を行い、舞風も追撃。全艦包囲後、582空も加わり集中攻撃が行いアルゴノートを撃沈。

しかしその後ベラ湾夜戦で萩風と嵐が戦没したため、修理復帰してきた野分と新たに加わった山雲で第四駆逐隊を再編成。

その後は野分と共に輸送護衛や護衛作戦に従事するも、舞風、野分、香取、特設巡洋艦赤城丸(未実装)からなる船団でトラック島からの脱出の際、米空母エンタープライズ、エセックスら所属の攻撃隊によって被弾し舞風と香取は航行不能となり、赤城丸は空襲の最中沈没。

空襲後はアイオワ、ニュージャージー等、計8隻の部隊に捕捉されてしまう。

野分は航行不能となった舞風を曳航し脱出するつもりだったが、断続的な空襲と戦艦部隊に捕捉されたことで断念。野分の項で解説したとおり全速で回避行動を行いながらニュージャージーの斉射を振りきって脱出。しかし残された舞風と香取は身動きがとれないまま、アイオワの主砲斉射を皮切りに次々と米艦隊の集中砲火を受け轟沈。

このような歴史的背景の影響で「艦これ」内では舞風と野分はコンビ又はカップルのように描かれることが多い。なお今回の元ネタはブリドカットセーラ恵美さんがヒロインの一人(主人公の幼馴染み)を演ずるちょっと(かなりw)Hなアニメである。

002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030