000Chuuk_Islands
001

[解説]

鳥海(ちょうかい)は高雄型4番艦にして書類上は日本最後の重巡洋艦(後続の最上型・利根型は書類上は軽巡扱い)。

史実の艦艇類別等級表では「高雄、愛宕、鳥海、摩耶」の順で並んでおり、書類上では鳥海は3番艦であった可能性があるらしい・・・が確定できる根拠がない模様なので「艦これ」内基準に従って高雄型4番艦として紹介。

三菱造船長崎造船所で昭和3年1928年3月26日起工、昭和6年1931年4月5日進水、昭和7年1932年6月30日就役。

太平洋戦争緒戦時はマレー半島に進出し、蘭印作戦に従事。第一次ソロモン海戦では共同で重巡洋艦4隻(キャンベラ、ヴィンセンス、クインシー、アストリア)を撃沈。重巡シカゴと駆逐艦ラルフ・タルボット、パターソンを撃破。

姉妹艦の中で唯一改装を受けておらず、性能自体は最弱にも拘わらず一番の殊勲を挙げている。実際これを反映して「艦これ」内での能力としては高雄型四姉妹一。

マリアナ沖海戦、続くレイテ沖海戦で4姉妹揃って参戦したが、米潜水艦により摩耶と愛宕は沈没。高雄も大破し脱落。その後サマール沖海戦で奮闘するも、米護衛空母ホワイト・プレーンズの砲撃を受け右舷中部に被弾。魚雷が誘爆を起こし落伍、藤波が雷撃処分。生存者はその藤波が救出するも続く空襲で藤波が撃沈してしまったため、鳥海・藤波ともに、生存者ゼロとなってしまう。

このような経歴の艦であるため「艦これ」内では姉妹艦の摩耶とともに藤波との絡みが多い。限定グラでは藤波が鳥海の眼鏡をかけたりしている。

002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
201
202
203
204
205
206
207
208
301
302
303
304
305
306


アニメランキング

【過去ログ】