00Gangut
00Oktyabrskaya
001
002
003

[解説]

ガングート級はロシア帝国が計画した最初の弩級戦艦。日露戦争で黒海艦隊以外の主力艦の殆どを喪失したロシア帝国海軍が海軍の再建をかけて計画されたのが本級である。ガングートは姉妹の中では最後の1911年10月7日に進水し、就役も最も遅い1914年12月末。姉妹揃って第一次大戦がはじまってからの就役となる。

就役後はフィンランド湾口の防衛に当たっていたが、1915年10月末、載炭作業後の昼食として恒例だった肉とマカロニの昼食が供されなかったことで艦上で小規模な抗命事件が発生。所用から帰艦した艦長が夕食に肉の缶詰を出すと宣言したため事は収まったものの、好転しない戦局や苦しい戦時勤務への不満は水兵の間に鬱積。

そんな最中の1917年2月23日、首都ペトログラードで暴動が発生。3月2日には皇帝ニコライ二世は退位に追い込まれ、ロマノフ朝は終焉。報せを受けたバルト海艦隊では3日より反乱が勃発。ガングートの乗員たちもこれに加わり将校を排除すると、下士官・兵士を中核とするソヴィエトを結成する・・・がここから血腥い内戦に突入することに。

ようやく内外の状況が落ち着いてきた20年代なかば、ガングートには近代化改装が行われ、新たに「Октябрьская революция(オクチャーブリスカヤ・レヴォリューツィヤ)」すなわち「十月革命」の名を与えられることになる。

その後、第二次世界対戦ではレニングラード攻防戦に砲戦支援。1944年7月22日、それまでの功績に対しソ連最初の勲章である赤旗勲章が授与された。これにより正式な艦名は「赤旗勲章受勲オクチャーブリスカヤ・レヴォリューツィヤ」となる。

という次第で彼女の艦名の変遷は次のようなものとなる。

①Гангут(ガングート)。

②Октябрьская революция(オクチャブリスカヤ・レヴォリューツィヤ)

③赤旗勲章受勲Октябрьская революция(オクチャーブリスカヤ・レヴォリューツィヤ)

「艦これ」内では改二となると一部日本語資料に基づきГангут два(ガングート・ドゥヴァ)と旧名に改称されるが、これはロシア側の文献では確認できないらしい。

という経緯で今回の某なろう小説由来サブタイトルとなるのだが、ガングートの中の人とラフタリアの中の人が同じ瀬戸麻沙美さんだとはなかなか気付けないよねー。

004
005i
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027

アニメランキング

【過去ログ】