300px-Haruna_1935
001

[解説]

榛名は金剛型三番艦にして、初の「民間造船所(神戸川崎造船所)で建造された純国産戦艦」(長姉の金剛は純イギリス製、次姉の比叡はイギリス製設計図を元に横須賀海軍工廠で建造)。一日遅れで起工した霧島も民間造船所(三菱合資会社三菱造船所)で建造。

明治45年3月起工、大正2年12月進水。大改修を経た昭和3年、昭和天皇即位を記念して同年12月4日横須賀沖にて挙行された大礼特別観艦式において、榛名は天皇が座乗する御召艦を務めた。

太平洋戦争中は被弾が多いことが有名で、米軍発表によると榛名は最低3回撃沈されている。「艦これ」内の榛名の決め台詞「榛名は大丈夫です」はこうしたエピソードが元になっていると思われる。

レイテ沖海戦で大損傷を受け呉鎮守府に回送。呉軍港空襲で大破・着底することになるが、日本海軍の主要な作戦のほぼ全てに参戦し、幾度も損傷を受けながらも金剛型四姉妹の中で唯一終戦を迎えた。終戦後は引き上げられ、復興の資材となった。

002
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
020
017
018
019