000Akitsushima
001

[解説]

秋津洲(あきつしま)は日本海軍の類別上は水上機母艦だが、実際には大型飛行艇の運用支援や洋上補給を任務とする艦艇であり、飛行艇母艦と呼ばれる事もある。

昭和15年10月末から神戸川崎重工業で建造がはじまり、昭和17年4月29日竣工。大戦中は飛行艇用の広い後甲板とクレーンを利用して魚雷艇数隻を搭載し前線への輸送を行った。日本海軍は昭和19年前半に工作艦船のほとんどを喪失したため、同年8月に呉海軍工廠で臨時の工作艦任務のための改造を行ったが、9月24日フィリピンにおいて空襲を受け給糧艦伊良湖等と共に撃沈された。

実艦写真を見れば分かるとおり船体に特異な迷彩塗装が施されており「艦これ」中での秋津洲の服装にも反映している。

史実を反映して「艦これ」上も単体の戦闘能力は極端に低いため「(運用している)二式大艇ちゃんが本体」「艦娘であることだけが欠点」等々、散々言われてきたが、最近のイベントでは洋上補給任務を請け負わされて戦艦や空母が派手に殴り合いをする最前線に投入される機会が多くなってきたかも?

002
003
004
005
006
007
008
009
010
011


アニメランキング

【過去ログ】